中古品を買い取って販売する場合、又は古物の買い取りをしないで売れた場合にのみ手数料をもらう委託販売、又は古物を買い取ってレンタルする場合に、古物商許可が必要になります。
また、インターネット等で中古品を売買する場合にも許可が必要になります。

ただし、自宅で不要になったものをフリーマッケットなどで売却する場合には、古物商許可は必要ありません。

 ※ 古物とは、一度使用された物(一般的な中古品)、使用されない物で使用のために取引された物(中古販売店でみかける未使用品など)、これらいずれかに幾分かの手入れをした物(リサイクルショップの修理品など)をいいます

 

古物商許可が必要な業種として、中古車販売業、リサイクルショップ、古本屋、古着屋、金券ショップ、宝石・貴金属の買取販売業などがあります。



 

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「NPO法人の設立を依頼したい」「NPO法人の設立について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋古物商許可代行センター(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!